乾燥肌の女性は、洗顔石鹸に気を配ろう

乾燥肌で悩んでいる女性も多いはずです。冬も大変ですけど、夏もかさかさは気になるのは無くなりません。そんな乾燥肌も、実は体質だけでなく、洗顔石鹸も影響していると知っていますか。そこから見直すと、肌も潤いも変わってくるようになるでしょう。

洗顔フォームが乾燥肌に

顔を洗うのに洗顔フォームを使うという人も多いでしょう。しかし、洗顔フォームによっては、必要以上に角質や皮脂膜をそぎおとしてしまうのです。そうなると、肌がボロボロになったり、また潤いをなくして、乾燥肌に近づけてしまうのです。体質というだけでなく、毎日の洗顔が逆効果になっていたのです。

洗顔石鹸を使おう

そこで洗顔フォームではなく、洗顔用の洗顔石鹸を使ってみるといいでしょう。
洗顔石鹸だと、洗っても保湿性が高かったり、また油成分を補充してくれるので、洗ってもかさかさしにくくなるのです。また保湿性が高いということだと、肌もしわしわにならずに、柔らかく弾力も保ってくれます。
また、今の洗顔石鹸には、さまざまな効果も付加されています。たとえば、美白効果を含めたものや化粧水が浸透しやすくなったものなどあります。値段も手軽なものから、少し高価なものまであります。
ちなみにこうした洗顔石鹸も使い方で、気をつけることもあります。顔を洗うときにはぬるま湯で、顔をごしごしこすらずに、優しく泡を顔に当てるように洗っていくのがいいでしょう。ぜひ、乾燥肌の女性は洗顔石鹸に気を配りましょう。

△PAGE TOP