洗顔石鹸でニキビを無くしていこう

ニキビで悩んでいる人も多くいます。そんなニキビも実はいろいろ種類もあります。ニキビもどんどんと重くなると、見た目にも汚くなってしまったり、また治りにくくなる、治っても後になってしまうといったようにトラブルも重くなってしまうのです。

ニキビの種類とは

ニキビの種類には、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなどがあります。白ニキビは、まだ白ニキビができたばかりで、毛穴に皮質や角質の汚れがたまっている状態です。色も白いものが肌に見えています。さらに汚れが肌の表面にまで汚れが出てくると黒く変化してきます。この段階だとすでに、気になり始めます。さらに進むと赤ニキビになると周りの肌も炎症を起こしており、見た目にも汚く感じてしまうこととあります。

ニキビを無くしていくには早い段階で

やはりニキビを無くそうと思ったら、早い段階、つまりは白ニキビの時点でしっかりと汚れを落とすことが必要です。そのためには、洗顔石鹸を使った方がよりニキビで敏感になりつつある肌をケアしながら、汚れを落とすことができます。なお、汚れを落とすときもゴシゴシと荒くあつかったり、さらに潰して汚れを出してから洗顔するのは、後に残る可能性が高いので止めましょう。時間をかけて、洗い続けることが必要です。

普段から洗顔石鹸を使っていこう

普段からニキビ対策として、洗顔石鹸を使っておきましょう。ニキビ肌専用の洗顔石鹸もあるので、特に若い世代の人は利用してみましょう。また、1日に2回の洗顔もしておくと、肌もキレイになっていくでしょう。

△PAGE TOP